債務整理の種類は全部で4種類!どれが最善かは必ず専門家に相談を

債務整理の方法にはいろいろな種類があります。

その方法は、その人の債務状況や資産の状況などによって異なりますが、その種類はどんなものがあるのでしょうか?

1 任意整理

債務整理の多くは、この任意整理というものが中心となります。

任意整理というのは、債権者との交渉を裁判所を仲介せずに行う方法です。

任意整理は個人と債権者でやるものではなく、司法書士や弁護士といった方が代理となって行うことが多いものです。

債権者が優位になりやすいものですから、その方が債権者との交渉では優位になります。

任意整理は原則としては3年間ほどで返済が完了するように設定されています。

2 特定調停

特定調停は、簡易裁判所の調停委員が間に入って債権者と債務者で返済方法などを話し合うものです。

任意整理とは違い、裁判所が仲介に入る形で行うのが特定調停の特徴です。

こちらもおおよそ3年の返済期間を目安とし、利息も法律通りに引き直して行います。

このまま借金が膨らむと、債務が返済できないような恐れがあるときに利用されるものです。

3 個人再生

こちらも裁判所が間に入るものではありますが、住宅といった財産を維持したまま債務の一部を減額して返済してもらうという方法です。

個人再生には自営業者を対象にした小規模個人再生とサラリーマンを対象にした給与所得者等再生といった2種類があり、自己破産のように

財産を没収されずに借金の返済ができるというのが大きな特徴です。

4 自己破産

最後は、自己破産という手段です。裁判所に借金が返済できないという理由で債務者が自ら破産の申し立てをするようなことで

債務者が返済できなかったときの最後の手段となります。

破産申請が通過すれば、債務者の債権は返済する必要性がなくなりますが、財産が没収されることや、一定期間の借金ができないことなど

さまざまな制約が課せられることになります。

このような感じで債務整理には4種類の方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です