債務整理は慎重に!自己破産してもその後の生活には困らない?

いくら返済しても借金が膨れ上がり、結局、借金が払えなくなり、自己破産するということがあります。

身近にもそういう方がいるかもしれません。
やはり、「あの人は破産したらしい」なんて陰で言われるのは嫌なものです。
そうならないように、必死に返済するわけですが、その前に自己破産したらどうなるのかも知っておいたほうが良いでしょう。
実は皆が思っているほど、自己破産した後の生活は大変ではありません。
むしろ、返済が免除されたりするので、借金に追われる生活から通常の生活へと復帰できる可能性も高いのです。
そもそも自己破産と言う制度はどうしようもなくなった債務者を救済するための制度と言えます。
ですから、にっちもさっちも行かなくなったら、この制度を利用したほうが良いと思います。
そして、再起を期すほうが良い方向に行くことが多いのです。
では、自己破産したら一体どうなるのか具体的に考えてみましょう。
まず、債務が帳消しになる代わりに、財産が無くなります。
当面必要なものとして20万は残されますが、それ以外の価値ある財産は無くなると考えたら良いでしょう。
生活に必要な身の回り品は残されますので、生活に困ると言うことは無いでしょう。
それから、いわゆるブラックリストに載るため、新たな借金やローンなどは組めなくなります。
まあ、これは仕方がないと言えます。
当面は借金をせずに堅実に生活をしていくことが必要になってきます。
また、一度自己破産するとしばらくは自己破産できなくなります。
何度も自己破産したい人なんていないでしょうから、これも大きな問題ではないと思います。
こうやって考えてみると、今、資産がほとんどなくて、借金の返済に苦しんでいるなら、自己破産したほうがメリットが大きいということです。
借りたものに対する道義的責任はあるかもしれませんが、どうしようもなくなったら自己破産をして、今後は堅実に生活していくことがその責任を果たすと言うことになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です