自分でできる借金解決方法!個人再生のメリットとデメリット

債務整理の中でちょっと変わっているのが個人再生という手段ではあります。

1 メリットについて

 まず、大きなメリットについては以下の通りです。

① 車や住宅を手放さなくてもいい可能性がある。

 個人再生は住宅ローンなどの返済に苦しんでいる方の保護を前提としたものです。

そういったことから、個人再生を行った時に、手続きを通過すれば住宅や車などの重要な資産を返済しなくてもいい可能性が出てきます。

重要な辛酸を失う自己破産に比べると、財産喪失の危険性がないのでかなりいい方法です。

② 債権は原則として5分の1となる

 また、個人再生を行う場合には債権額が5分の1になるというメリットがあります。

任意整理と比べると、返済期間はおおよそ任意整理と一緒くらいの期間となるのですが、個人再生は大幅に借金の返済額が減りやすくなる可能性を秘めており

借金返済の面では、大きな優位性があるものといえます。

そのほかにも、債権者からの強制執行もなくなることもあります。

2 デメリットについて

 ただし、個人再生という手段も一定の制限があり、そこが大きなデメリットとなります。

① 一定の継続した収入がないと使えない

 個人再生の手続きは、一定の継続した収入がない人でないと利用ができないというのが大きな欠点です。

収入が不安定な職業についていたり、収入が少ない場合ですと利用ができないため、サラリーマンのような一定の収入が確実な方でないと利用は難しいです。

② ブラックリスト入りして借金が新たにできなくなる

 また、個人再生手続きをした場合には、官報に掲載されます。

そうなると、一定の方には個人再生手続きをしたことが分かってしまいますし、新たに借金もできなくなってしまいます。

借金ができない期間は5年から10年ほどで、急なお金が必要なときには苦しい生活を余儀なくされます。

隠れて手続きをしようにもばれる危険性も高いので、そのあたりもデメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です