収入が少ない人の債務整理は自己破産をお勧めします

お金を借りて返済できなくなり、しかも収入が少なくて全額返せそうもない、そのような時にお勧めなのが自己破産です。この自己破産という言葉に抵抗を覚える人もいるかもしれません。しかし収入が少なく、売却できる自動車やバイク、家財道具や不動産もない場合は、自己破産で借金を帳消しにしてもらい、一から出直すという選択肢もあります。
自己破産の手続きは、弁護士か司法書士に依頼します。もし費用を出せない場合は、法テラスの無料相談がお勧めです。収入が少ない人は法テラスで相談すると、その人に代わって費用を負担してくれるからです。ただしこの負担は一時的なものなので、後で分割して返済することになります。このシステムを民事法律扶助と呼んでいます。
それから債務額が140万円を超える場合は、司法書士では代理業務ができませんので、裁判所での破産宣告は自分で行うことになります。無論この場合でも書類作成は司法書士がやってくれますし、裁判所にも同行してくれてやり方を教えてくれますので、特に心配はいりません。

自己破産をすると、官報に氏名が記入されるのはご存知の方もいるでしょう。もちろん、官報の破産の欄を日常的に読む人は限られますので、自己破産の事実が知っている人にばれるなどというのは、かなり確率が低いと考えていいのです。むしろこの場合、もう1つのことに気をつけなければなりません。それは、闇金業者がこの欄をチェックしているということです。
自己破産をすると、あまり名前を知らない業者から郵便物、特にシークレットハガキが来ることがあります。内容は主に融資に関することで、自己破産後はあまりお金もない状態ですから、つい融資をしてほしくなりますが、絶対にしてはいけません。その多くは闇金であり、申し込むと闇金の思うつぼになって、高金利でお金を借りることになり、当然返済できなくなります。すると今度は、かなり厳しい取り立てがくるようになります。
元々自己破産とは、それまでの借金に依存しがちな生活を建て直す目的もあるわけです。しばらくはカードも持てませんので、自分の手持ちのお金だけで生活して行けるよう、工夫するようにしましょう。