債務整理の種類は全部で4種類!どれが最善かは必ず専門家に相談を

債務整理の方法にはいろいろな種類があります。

その方法は、その人の債務状況や資産の状況などによって異なりますが、その種類はどんなものがあるのでしょうか?

1 任意整理

債務整理の多くは、この任意整理というものが中心となります。

任意整理というのは、債権者との交渉を裁判所を仲介せずに行う方法です。

任意整理は個人と債権者でやるものではなく、司法書士や弁護士といった方が代理となって行うことが多いものです。

債権者が優位になりやすいものですから、その方が債権者との交渉では優位になります。

任意整理は原則としては3年間ほどで返済が完了するように設定されています。

2 特定調停

特定調停は、簡易裁判所の調停委員が間に入って債権者と債務者で返済方法などを話し合うものです。

任意整理とは違い、裁判所が仲介に入る形で行うのが特定調停の特徴です。

こちらもおおよそ3年の返済期間を目安とし、利息も法律通りに引き直して行います。

このまま借金が膨らむと、債務が返済できないような恐れがあるときに利用されるものです。

3 個人再生

こちらも裁判所が間に入るものではありますが、住宅といった財産を維持したまま債務の一部を減額して返済してもらうという方法です。

個人再生には自営業者を対象にした小規模個人再生とサラリーマンを対象にした給与所得者等再生といった2種類があり、自己破産のように

財産を没収されずに借金の返済ができるというのが大きな特徴です。

4 自己破産

最後は、自己破産という手段です。裁判所に借金が返済できないという理由で債務者が自ら破産の申し立てをするようなことで

債務者が返済できなかったときの最後の手段となります。

破産申請が通過すれば、債務者の債権は返済する必要性がなくなりますが、財産が没収されることや、一定期間の借金ができないことなど

さまざまな制約が課せられることになります。

このような感じで債務整理には4種類の方法があります。

自分でできる借金解決方法!個人再生のメリットとデメリット

債務整理の中でちょっと変わっているのが個人再生という手段ではあります。

1 メリットについて

 まず、大きなメリットについては以下の通りです。

① 車や住宅を手放さなくてもいい可能性がある。

 個人再生は住宅ローンなどの返済に苦しんでいる方の保護を前提としたものです。

そういったことから、個人再生を行った時に、手続きを通過すれば住宅や車などの重要な資産を返済しなくてもいい可能性が出てきます。

重要な辛酸を失う自己破産に比べると、財産喪失の危険性がないのでかなりいい方法です。

② 債権は原則として5分の1となる

 また、個人再生を行う場合には債権額が5分の1になるというメリットがあります。

任意整理と比べると、返済期間はおおよそ任意整理と一緒くらいの期間となるのですが、個人再生は大幅に借金の返済額が減りやすくなる可能性を秘めており

借金返済の面では、大きな優位性があるものといえます。

そのほかにも、債権者からの強制執行もなくなることもあります。

2 デメリットについて

 ただし、個人再生という手段も一定の制限があり、そこが大きなデメリットとなります。

① 一定の継続した収入がないと使えない

 個人再生の手続きは、一定の継続した収入がない人でないと利用ができないというのが大きな欠点です。

収入が不安定な職業についていたり、収入が少ない場合ですと利用ができないため、サラリーマンのような一定の収入が確実な方でないと利用は難しいです。

② ブラックリスト入りして借金が新たにできなくなる

 また、個人再生手続きをした場合には、官報に掲載されます。

そうなると、一定の方には個人再生手続きをしたことが分かってしまいますし、新たに借金もできなくなってしまいます。

借金ができない期間は5年から10年ほどで、急なお金が必要なときには苦しい生活を余儀なくされます。

隠れて手続きをしようにもばれる危険性も高いので、そのあたりもデメリットです。

借金は早めの解決が鉄則!あなたが自己破産手続きを早く行うべき理由

自己破産や債務整理を選択する方が大変多いです。自分ん得た収入で素敵な人生を送っていく事は大変重要ですが自分の資産や財産に関しては自分の責任で行っていく事が大変重要です。楽しい時間を過ごすには自分らしい働き方をして得た収入で自分の生活を頑張っていく必要があります。自分らしい素敵な資産管理をしていく必要があります。どんなに堅実な資産管理を行っていても、会社の倒産やリストラ等で大変多くの方が自分の資産を失ってしまう場合があります。貯蓄をきちんと行っていれば問題ありませんが、いずれにしても貯蓄は簡単に無くなってしまう場合もあります。このような時に自分の生活を行なう為にクレジットカードのリボルビング払いや消費者金融から借り入れを行ってしまう方も沢山いらっしゃいます。中々収入の目処が立たない場合は自己破産という選択肢も考える事となっていきます。破産は弁護士や司法書士等の専門家に依頼して行っていく事が大変多いです。自分の大切な資産の最終整理になるわけですから信頼して任せられる人間を探して後悔の少ない選択肢を選んで行く必要があります。破産や債務整理と簡単に行っても選択肢は大変豊富なので、自分の債務の状況や金額等に関して慎重に考えていく必要があります。専門家にきちんと相談を行っていく事で自分にとって最善の選択肢を考える事が可能となっていきます。債務が全額なくなる代わりに住宅やマンション等がなくなるのが自己破産です。これによって大変多くの方が人生の再出発を行っていく事ができます。人生において一度の過ちやリセットは許されているので、慎重に債務整理をどんどん行っていきましょう。しかし、一度多くの方に迷惑をかけたのですから当然ペナルティーも待っています。破産後は数年間借り入れ等は行えませんし、ローンを組んでいく事も難しくなってきます。また住宅等を手放したくない方などは債務整理の中でも別の選択肢を取る必要があります。